トップ 神社ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ


神社ナビ山口県 > 白山比め神社

白山比め神社

白山比め神社

◎安産祈願諸祭、外祭、神前結婚、他諸々の御祈願承っております

当神社は安産の神として昔より崇拝者が多く、御神徳を受け、参拝されております。

白山比め神社:DATA
所在地〒741-0081
山口県岩国市横山2丁目8-10
TEL0827-41-0600
FAX0827-41-0600
URL
お取り扱い業種神社
営業時間など
駐車場有 
アクセス(最寄駅)
○JR岩徳線・西岩国駅車で5分
(車)
○岩国I.C降りてから車で7分
(その他)
●ロープウェイ横
●岩国美術館そば
お役立ち情報

白山比め神社の地図

山口県岩国市横山2丁目8-10

白山比め神社の詳しい情報です!

白山比め神社 ご由緒
 旧社格縣社

【祭神】
 菊理媛命 くくりひめのみこと
 小白山比め命 こしらやまひめのみこと
 大巳貴命 おおなむちのみこと(大国主命)

当社は石川県加賀の一ノ宮白比め山神社より勧請されたものです。
現在の本神社の創立年月日は、不詳といえども、旧記に正一位白山大権現社は清和天皇の御宇(みう)、
貞観18年(876)に勧請、元慶8年(884)に社殿の建立とあります。
その後、應安年中(1368~ 1375)に
社殿の一切を焼失しましたが、後小松天皇の御宇、喜慶2年(1389)再建されました。
天正年間(1573~)には毛利輝元公より神田を賜りました
慶長年間(1590~)吉川廣家公、雲州富田の庄より当地に移封されてより、氏子内の鎮守と仰ぎ
吉川家暦世の産土(うぶすな)神として崇拝されております。
享保年間(1716~)社殿の大造営、同13年(1729)に神社林として城山の一部を奉納、
元禄7年(1695)大鳥居の建立等、歴代の藩主の尊崇厚い神社とされております。
当時の社殿は壮麗豪華にして工作の妙を極め、殊に拝殿、楼門においては精彩粉飾をつくし
関西の東照宮と言い伝えられていましたが、惜しくも、明治23年10月23日 神殿、拝殿、回廊、
楼門等の建造物を焼失してしまいました。

平成16年5月13日 放火により拝殿を焼失
平成18年3月11日 拝殿の両脇に授与所・祭器庫を構え竣工

★当社は安産の神として昔より崇拝者が多く、御神徳を受け、参拝されております。

・安産・交通安全・学業成就祈願等、各種祈願
・七五三のお参り、神前結婚
・諸祭、外祭、、その他諸々の御祈願承っております。


●御霊社
 目の健康をお守りくださる神様として昔より信仰を集めております。
●錦川水神宮
 錦川の恵みをいただき、岩国市の発展を祈念するお社として永く、まつられてまいりました。
 毎年8月第1土曜日/錦帯橋下の水の祭典で御祭神を奉り斎行いたします。


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

    • 岸和田天神宮 大阪府岸和田市別所町1丁目13−15 電話072-436-1188
    • 菅生石部神社 石川県加賀市大聖寺敷地ル乙81−2 電話0761-72-0412
    • 大鳥神社 東京都目黒区下目黒3丁目1−2 電話03-3494-0543

今日のお勧め記事 ⇒ 神社の縁起物2(破魔矢について)

お正月に初詣などで神社に参拝に行くと、お守りなどと一緒に破魔矢を授与しているのを見たことがある方もいるでしょう。 破魔矢は扱っていないという神社もありますが、お正月の期間に縁起物として授与されるものです。 破魔矢の意味 破魔矢はまさに名前の通り魔を破り、厄を祓うという意味を持っています。 「はま」とは元々競技に用いられる的のことを指しており、この的を射る矢のことを「はま矢」、弓のことを「はま弓」といいます。 そして、「はま」が「破魔」に通じるということで、お正月になると男の

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。