トップ 神社ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ


神社ナビ東京都 > 大鷲神社

大鷲神社

大鷲神社

「酉の市」発祥の神社です

○開運の神様です
○毎年7月第3土・日に奉納獅子舞が行われます

大鷲神社:DATA
所在地〒121-0061
東京都足立区花畑7丁目16-8
TEL03-3883-2908
FAX03-3883-2963
URL
お取り扱い業種神社
営業時間など3月~11月 06:00~17:00
12月~2月 06:30~16:30年中無休
駐車場
アクセス(最寄駅)
○東武伊勢崎線・谷塚駅
(バス)
○草加記念体育館停留所・徒歩5分
(車)
○首都高 加平インターから10分
お役立ち情報○「酉の市」発祥の神社です
○平成20年酉の市(11月5日、17日、29日)
○毎年7月第3土・日に奉納獅子舞が行われます
○家内安全商売繁盛・初宮詣・交通安全等の御祈祷は毎日致します
○地鎮祭等の出張祭典承ります

大鷲神社の地図

東京都足立区花畑7丁目16-8

大鷲神社の詳しい情報です!

○大鷲神社
○「酉の市」発祥の神社です
○郷土芸能(奉納獅子舞)

御祭神 日本武尊(やまとたけるのみこと・十二代景行天皇の御子)

≪由緒≫
 創建年代は不詳であるが、日本武尊の東国平定の偉業と多年夷賊に苦しんでいた人々が、尊への報恩感謝の意を込めて、本陣のあった当地「花又」に奉斎された。開運守護の神として信仰篤く、中世、新羅三郎義光が、兄・八幡太郎義家の援軍として後三年の役に赴く折、戦勝を祈願し、凱旋の折、神恩に謝し兜を奉賽する。以後、源氏の崇敬のまととなった。

≪酉の市≫
 応永年間(一三九四~一四二八)より、日本武尊の命日とされる十一月「酉の日」に、尊への報恩感謝の祭が行われる様になる。人が集まるようになると門前市が開かれるようになり、農耕具などが売られ人々から「とのまち」「とりのまち」と称されていた。これが後の「酉の市」の起源となり、「おとりさま」として呼び親しまれている。
 江戸に徳川氏が幕府を開くや、その信仰は格別にて、大名は綾瀬川を屋形船で、武士は遠乗りを兼ねて騎馬で参詣し、運を「わしづかみ」と言うことで熊手、また、「頭になる」になぞらえ八ッ頭の芋が名物となった。大鷲と呼ばれ、浅草観音の奥の院と称され、十一月酉の日に鶏が多数奉納され、翌日観音様に納めるのが古例とされる。氏子は鶏肉、鶏卵を禁忌として食さず、この風習は今も尚、存続している。

≪郷土芸能≫
 毎年七月第三日曜日に、境内において、天下泰平・五穀豊穣・悪疫退散を願う獅子舞「祈祷獅子舞」が行われる。江戸時代より続いていると言われ、現在も花畑大鷲神社獅子舞保存会によって、受け継がれている。
 境内に四本の柱を立てた舞庭で、笛の音に合わせて、三頭の獅子が太鼓を打ちながら力強く舞っていく。岡崎の舞・幣がかり・綱渡り・橋渡り・花がくし・口掛けの六曲の演目から構成されている。


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ お賽銭について

神社には必ずお賽銭箱が置かれ、私たちはお参りする前にお賽銭を入れるのが一般的になっています。 神様にお金をお供えするという行為にはどのような意味が込められているか考えてみましょう。 お賽銭とお米 お賽銭の起源や意味についてはさまざまな説があるようですが、日本人の習慣として一般的になったのはそれほど昔のことではありません。 そもそも、貨幣が流通していない時代から、神様には海や山で採れたものや農作物をお供えしてきました。 特にお米に関しては、秋の収穫を終えるとお米を神様にお供え

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。