トップ 神社ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




神社ナビ広島県 > 鶴羽根神社

鶴羽根神社

鶴羽根神社

安芸国城下鬼門鎮守広島東部総氏神さま

鎌倉期初頭の頃より、多くの人々を見守り
続けて下さる氏神様。
江戸期の御遷宮より、変らぬ石の太鼓橋
が、ご参拝に訪れる皆様を、暖かくお迎え
致します。

ご参詣をお待ち申し上げて居ります。

鶴羽根神社:DATA
所在地〒732-0057
広島県広島市東区二葉の里2丁目5-11
TEL082-261-0198
FAX082-261-0198
URLhttp://tsuruhanejinjya.web.fc2.com/
お取り扱い業種結婚式場、写真撮影、神社、日本料理店
営業時間など09:00~17:00
駐車場境内にご駐車下さい
アクセス(最寄駅)
○JR線・広島駅新幹線口・徒歩10分
(バス)
○広島バス 鶴羽根神社前停留所・徒歩1分
○広電バス 鶴羽根神社前停留所・徒歩1分
(車)
○タクシ- 広島駅新幹線口から5分
(その他)
広島駅・新幹線口から西方面、駅西高架北の信号右折、二葉山方面へ、つきあたりを左折約300m先右側
お役立ち情報●古より地域の氏神さまの御社として、四季の御祭礼を斎行するとともに、広く多く人の世に行われて
  います、「冠」の各参詣・「婚」の結婚式・「葬」の神葬祭・「祭」の先祖祭をはじめ、殿内での家内安全・
  病気平癒・交通安全・方位守護や、殿外での建築儀礼などの各御祈願を執り行っています。
●隣接する「料亭 二葉」にて、ご移動のお手間無く、記念の写真撮影や式典後の御会食をご利用頂け
  ます。

鶴羽根神社の地図

広島県広島市東区二葉の里2丁目5-11

鶴羽根神社の詳しい情報です!

【御由緒】
 当神社は、鎌倉初期に、椎の木山(現、二葉山)を修理料として寄進され、創建致しました。
 その後、幾多の動乱の時期を過ごし、広島城の築城よりは、東北位にあたる事から「鬼門鎮
 守社」とし、加えて八丁堀以東の「東の総氏神社」として定められていました。
 江戸の後期に隣地からの類焼の難を受けた折、藩主御命によって現在地へと御遷宮、明治
 期には「神饌幣帛料供進社」に指定されていました。昭和期、原爆投下によって御社殿等は
 倒壊、その姿を変えてしまいましたが、石鳥居や狛犬、太鼓橋や手水舎は往時のまま、二葉
 の杜にたたずんでいます。
 また御社名も、椎の木山に因み「椎木山八幡宮」から、明治初期には「鶴羽根八幡宮」に、数
 年後に現在の「鶴羽根神社」へと、改称の歩みを辿っています。

【御祭神】
 八幡三神…品陀和気命(応神天皇)・息長帯日売命(神功皇后)・帯仲津日子命(仲哀天皇)
 妹背二柱…伊邪那伎命・伊邪那美命


【御祭暦】
 ・ 1月 元旦  歳旦祭
      14日 古神札焼納祭~とんど祭
 ・ 2月 3日 節分祭(…豆打の儀にて、福豆をまきます)
 ・ 3月13日 椎木稲荷神社 御祭礼
 ・ 4月29日 春季大祭~植樹祭(…境内植樹の儀を斎行致します)
 ・ 7月29日 夏季大祭~夏越祭(…輪くぐり神事を斎行致します)
 ・10月29日 秋季大祭
          神賑行事 29日前の日曜日(…神楽奉舞の後、福餅をまきます)
 ・12月31日 歳晩祭

 ・毎月 1日/15日 月次祭・30日 報賽祭

【御祈願】
 <殿内御祈願>
 ・人生儀礼…結婚式、初宮詣、七五三詣、十三詣、十五詣、成人詣、安産祈願
          厄年厄祓、慶祝詣(還暦から福歳の祝)、誕辰祭(誕生日の祝) 等
 ・諸 祈 願…家内安全、病気平癒、方位除、厄除、障除、清祓、安全祈願
          交通安全、旅行安全、商売繁盛、学業成就、合格祈願 等
 ・正式参拝…正式参拝、報賽、各種報告祭 等
 <殿外御祭典>
 ・人生儀礼…神葬祭、式年祭、春分/秋分/盆 祖霊祭 等
 ・建築儀礼…地鎮祭(起工式)、立柱祭、上等祭、竣工祭、家清祓、解体祭 等
 ・諸 儀 礼…邸内社/社内社 御祭礼
         神棚奉斎、月次祭、事務所/店舗 開、清祓、慰霊祭 等

▲ ご不明な点につきましては、お気軽にお問い合わせ下さい。  社務所 拝


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

    • 露天神社 大阪府大阪市北区曾根崎2丁目5−4 電話06-6311-0895
    • 広島護国神社 広島県広島市中区基町21−2 電話082-221-5590
    • 佐佳枝廼社 福井県福井市大手3丁目12−3 電話0776-27-2754

今日のお勧め記事 ⇒ 神社への参拝作法について

初詣や七五三・成人式などの人生儀礼、他にも何か願いを成就させたい時など、日本人ならば神社にお参りする機会というのは少なからずあるのではないでしょうか。 気持ちを込めてお参りするのが一番ですが、折角ですから正式な参拝の作法を知っておいてはいかがでしょう。 参拝の作法 神社へ参拝に訪れる際にまず鳥居をくぐるのがほとんどだと思いますが、鳥居から先は神様の神域になるので「お邪魔します」という挨拶の意味で一礼するのが作法となっています。 これは他人の家を訪問する場合に挨拶するのと同じ

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。