トップ 神社ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




神社ナビ兵庫県 > 須磨の天神さま

須磨の天神さま

須磨の天神さま

学問の神・知恵の神天神様二十五霊社のひとつ綱敷天満宮

全国一万社ある天満宮の二十五霊社のひとつとして歴史が古く、由緒ある天神さま春の頃には、きれいない梅が咲き、合格祈願、学業成就を願う人々で賑わい七五三の頃にはご家族連れで境内は一段とにぎわいます
綱敷天満宮は、学問の神様、天満大神菅原道真公を祀り、地元では須磨の天神さまと呼ばれ
学業成就に御利益があります

須磨の天神さま:DATA
所在地〒654-0053
兵庫県神戸市須磨区天神町2丁目1-11
TEL078-734-0640
FAX078-734-0680
URLhttp://www.tsunashikitenmangu.or.jp/
お取り扱い業種神社
営業時間など
駐車場20台 
アクセス(最寄駅)
○JR神戸線・須磨駅徒歩10分
○山陽電鉄線・須磨寺駅徒歩3分
(その他)
国道2号沿い
お役立ち情報当神社とは縁が深い須磨の海にちなみ、サーフボードを抱えた菅原道真公をイメージしたお守り
「波乗り菅公さん」
波に乗ることで様々な夢が叶うよう祈願したオリジナルのお守りで
当神社の社務所において1体800円で授与します

※彫刻家であり大阪成蹊大学芸術学部の岩野勝准教授と同大学2年生の平地さんの
 協力を得て制作致しました

須磨の天神さまの地図

兵庫県神戸市須磨区天神町2丁目1-11

須磨の天神さまの詳しい情報です!

【年間行事】
■1月1日元旦・歳旦祭
1年の始めに世界の平和と農作物の豊作を祈願するお祭りで、新年を祝う祭典です
0時からの初詣参詣者には甘酒が振舞われます

■1月15日とんど祭
1年間お守りいただいたお札やお守りを焼納する祭事です

■1月24日25日初天神大祭
天神様のご縁日は毎月25日新年最初の25日は初天神にあたります
初天神の日にお参りすると、特にご利益があると言われています

■2月24日・25日梅花祭
天神様が愛された梅の開花期に行います
綱敷天満宮には、 30種、約120本の梅が植えられています
書道展・池坊神戸支部の生花展、梅粥配布もあります
2週間程梅花の夜間ライトアップ(毎年開花に合わせて日を決めます)

■2月17日祈年祭
お米は私達の生命の源ですから、
お米の一粒一粒に私達を生かしてくれる神霊が宿っていると考え
農作業を始める前に、五穀の豊穣を祈るお祭りが祈年祭です

■4月25日 天満宮学業講祭
勉学中の方々の学業の成就と、身体の安泰を、1年間毎朝神前に御祈願致します
講員には
・「学業成就御守護」「御守」「御神饌」を授与致します
・毎年4月25日学業講祭に昇殿参拝が出来ます
学業講申し込みは、初穂料 金1万円(1年分)頂戴致します
FAXにてお申し込み下さい

■7月24日・25日 天神祭
天満宮及び天神社で行われるお祭です
綱敷天満宮では毎年30軒の屋台が出て賑わいます。また幼稚園児図画展も開催します

■11月15日 七五三
11月15日は七五三の日です。
七五三は子供の神様・学問の神様須磨の天神さまへお越し下さい
★ご予約受付中!!
受付は9月下旬~12月下旬に行っております
菅原道真公の5才児の衣裳(男の子用)7才の女の子用の十二単衣裳を無料でお貸し致します
・菅原道真公五才時の衣装を七才の女の子には十二単を
・一般衣裳も無料でお貸ししています

7才の女の子用十二単衣裳のレンタルをご希望の方は、
お電話でご予約下さい
※詳細は、ホームページをご覧下さい

■11月25日 新嘗祭(にいなめさい)
秋に新穀をお供えして神の恵に感謝するためにこの祭りを行います

■12月25日 納めの天神祭
1年最後の25日が納め天神に当たります。
祈願絵馬、火焚串又、AM神戸のボツはがきのお焚き上げ神事(午后2時~)

■12月31日 大晦日
1年の間に受けた罪や穢れ〔けがれ〕を祓う大祓いが執り行われます


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

    • 弓弦羽神社 兵庫県神戸市東灘区御影郡家2丁目9−27 電話078-851-2800
    • 高麗神社 埼玉県日高市大字新堀833 電話042-989-1403
    • 坂井神社 新潟県新潟市西区坂井砂山1丁目1−1 電話025-269-2111

今日のお勧め記事 ⇒ お賽銭について

神社には必ずお賽銭箱が置かれ、私たちはお参りする前にお賽銭を入れるのが一般的になっています。 神様にお金をお供えするという行為にはどのような意味が込められているか考えてみましょう。 お賽銭とお米 お賽銭の起源や意味についてはさまざまな説があるようですが、日本人の習慣として一般的になったのはそれほど昔のことではありません。 そもそも、貨幣が流通していない時代から、神様には海や山で採れたものや農作物をお供えしてきました。 特にお米に関しては、秋の収穫を終えるとお米を神様にお供え

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。