トップ 神社ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




神社ナビ京都府 > 猿丸神社

猿丸神社

猿丸神社

瘤とり祈願の神様“猿丸さん” 三十六歌仙の一人猿丸大夫を祀る

今日では、何病も瘤として祈願すれば平癒祈願の御神助を授かるとして、南山城地方を中心に広く篤い崇敬を集め、家内安全・無病息災・交通安全・厄除、更に勉学・受験合格の守護神として、広く親しまれております。

猿丸神社:DATA
所在地〒610-0201
京都府綴喜郡宇治田原町大字禅定寺小字粽谷44
TEL0774-88-3782
FAX0774-88-3782
URL
お取り扱い業種神社
営業時間など09:00~16:00年中無休
駐車場有 
アクセス(最寄駅)
○JR奈良線・宇治駅 バスで維中前停留所下車、徒歩で25分又は車で5分
○京阪宇治線・宇治駅 バスで維中前停留所下車、徒歩で25分又は車で5分
○近鉄京都線・新田辺駅 バスで維中前停留所下車、徒歩で25分又は車で5分
(バス)
○JR・京阪宇治駅又は、近鉄新田辺駅からバスで維中前停留所・徒歩25分、タクシー乗り場あり、タクシーで5分
(その他)
国道307号線 岩山交差点左折 石山方面
※毎月13日は、臨時バスがございます。
お役立ち情報◆ 親しみを込めて、“猿丸さん”の呼称で信仰されて、毎月十三日の月次祭にはその霊験を慕う人々の参詣で賑わいます。

◆ 是非一度、ご参拝下さい。

猿丸神社の地図

京都府綴喜郡宇治田原町大字禅定寺小字粽谷44

猿丸神社の詳しい情報です!

■ 猿丸神社 ■
<御祭神>
 猿丸大神(猿丸大夫・さるまるだゆう)

<祭日>
・初猿丸 1月13日
・春季大祭 4月13日
・秋季大祭 9月13日
・終い猿丸 12月13日
・月次祭 毎月13日
※毎月13日は、臨時バスがございます。

●御神徳
「奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋はかなしき」の歌で知られる猿丸大夫は古来、
歌道の神として猿丸大神と崇められ、その徳を慕う多くの文人墨客がこの地を尋ねています。
また近世に入ってからは、瘤・出来物や体内の癌種の病気平癒祈願に霊験があるとして、
こぶ取りの神として信仰されるようになりました。
御本殿に供えられている木のコブは、瘤を取って癒していただいた人や
種々の病気の悩みが治ってお蔭を受けた人々が、御礼の意味で奉納したものです。
今日では、何病も瘤として祈願すれば平癒祈願の御神助を授かるとして、
南山城地方を中心に広く篤い崇敬を集め、
家内安全・無病息災・交通安全・厄除、更に勉学・受験合格の守護神として、
親しみを込めて、“猿丸さん”の呼称で信仰されて、毎月十三日の月次祭には
その霊験を慕う人々の参詣で賑わいます。

※ 各種ご祈祷承ります。

【 お問合せ先 】
< 猿丸神社 >
 京都府綴喜郡宇治田原町大字禅定寺小字粽谷44
 TEL/FAX 0774-88-3782


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

    • 露天神社 大阪府大阪市北区曾根崎2丁目5−4 電話06-6311-0895
    • 広島護国神社 広島県広島市中区基町21−2 電話082-221-5590
    • 佐佳枝廼社 福井県福井市大手3丁目12−3 電話0776-27-2754

今日のお勧め記事 ⇒ 神社と鈴との関係

神社にお参りに行くと、お賽銭箱の上に鈴が下がっている光景を目にすることがあります。 鈴を思い切りガラガラと鳴らしてから手を合わせたという経験を持つ人は多いのではないでしょうか。 神社と鈴にはどのような関わりがあるのか見てみましょう。 神社と鈴 神社の鈴といえば、拝殿などに吊るされてある鈴がまず頭に浮かぶのではないでしょうか。 神社によっては拝殿に鈴を吊るしていないところもありますが、この鈴は本坪(ほんつぼ)鈴とも呼ばれ、鈴を鳴らすための紐は鈴緒(すずお)といいます。 神社で

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。