トップ 神社ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




神社ナビ新潟県 > 天津神社社務所

天津神社社務所

天津神社社務所

国の重要無形文化財◆天津神社舞楽とけんか祭りで大変有名な神社

◆天津神社本殿
欄間の彫刻や縁下の組物などは実に見事。
3つの像があり、いずれも県の指定彫刻になっている。
◆奴奈川神社の本殿
県の指定彫刻の木造奴奈川姫神像が納められている。
◆子聖社(ねのひじりしゃ)
足腰など下半身の病に霊験があると言われ参詣者が多いです。

天津神社社務所:DATA
所在地〒941-0056
新潟県糸魚川市一の宮1丁目3-34
TEL025-552-0036
FAX025-552-0041
URLhttp://www.fsinet.or.jp/~amatsu/
お取り扱い業種神社
営業時間など
駐車場有 
アクセス(最寄駅)
○JR北陸線・糸魚川駅徒歩10分
(車)
○北陸自動車道 糸魚川インターから10分
(その他)
糸魚川市役所の東どなり
お役立ち情報◆けんか祭り
毎年この 4月10日の日を待って祭り見物にドッと押しかけた。春はこの祭りを境にかけ足でやってくる。
10日午前零時太鼓を打ち、祭りの始まりとなる。4時頃神輿堂より出された二基の神輿は舞台に安置される。

天津神社社務所の地図

新潟県糸魚川市一の宮1丁目3-34

天津神社社務所の詳しい情報です!

◆天津神社本殿
天津神社の祭神は、中央に天津彦々火瓊々杵尊 (あまつひこひこほににぎのみこと)、左が天児屋根命 (あめのこやねのみこと)、右が太玉命 (ふとだまのみこと) の三柱で伊勢神宮外宮相殿の祭神と同じである。
天津神社の本殿 (2間半×3間) は、寛政九(1797)年に改築されている。欄間の彫刻や縁下の組物などは見事である。建物は、総欅造りであり、棟梁は糸魚川の住人、相馬十郎左衛門昌信である。

◆奴奈川神社本殿
奴奈川神社の祭神は、奴奈川姫命で後年に八千矛命を合祀した。
天津神社本殿と並んで、西にある奴奈川神社本殿 (1間4尺×2間) は、寛政十(1798)年に改築されている。
糸魚川市蓮台寺の奥・柳谷にあったが、元暦二(1185)年 秋に山崎の地に移り、その後現在地に移ったと伝えられる。

◆子聖社(ねのひじりしゃ)
天津神社の末社 (1間×1間2尺) で創設などは不詳であるが、足腰など下半身の病に霊験があると言われ参詣者が多い。


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

    • 須磨の天神さま 兵庫県神戸市須磨区天神町2丁目1−11 電話078-734-0640
    • 藏前神社 東京都台東区蔵前3丁目14−11 電話03-3851-0617
    • 吉田神社 京都府京都市左京区吉田神楽岡町30 電話075-771-3788

今日のお勧め記事 ⇒ お賽銭について

神社には必ずお賽銭箱が置かれ、私たちはお参りする前にお賽銭を入れるのが一般的になっています。 神様にお金をお供えするという行為にはどのような意味が込められているか考えてみましょう。 お賽銭とお米 お賽銭の起源や意味についてはさまざまな説があるようですが、日本人の習慣として一般的になったのはそれほど昔のことではありません。 そもそも、貨幣が流通していない時代から、神様には海や山で採れたものや農作物をお供えしてきました。 特にお米に関しては、秋の収穫を終えるとお米を神様にお供え

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。