トップ 神社ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




神社ナビ栃木県 > 乃木神社社務所

乃木神社社務所

乃木神社社務所

忠孝・質素・仁愛◆大正5年鎮座◆各種ご祈祷受付中

明治、大正、昭和前期まで日本国民に深く尊敬され仰慕された乃木希典将軍を祀る神社です。境内は、四季を通じ、春は花、夏は緑こまやかに大樹の陰に涼風が吹き、秋は紅葉、冬は木々の雪化粧、折々のおもむきは、参拝者の清遊の地として、あまねくその名を知らしめています。

乃木神社社務所:DATA
所在地〒329-2711
栃木県那須塩原市石林795
TEL0287-36-1194
FAX0287-37-4928
URLhttp://www.nasu-nogijinja.jp/
お取り扱い業種神社
営業時間など電話受付時間 09:00~17:00
駐車場有 
アクセス(最寄駅)
○JR東北新幹線・那須塩原駅からタクシー15分
○JR宇都宮線・西那須野駅からタクシー5分・徒歩20分
(車)
○東北自動車道 西那須野塩原インターから10分
○東北自動車道 黒磯板室インターから20分
お役立ち情報◆乃木神社では各種ご祈祷を承っております。(予約制)
家内安全、社運隆昌、車清祓、安産祈願、命名奉告、初宮参り、七五三参り、入学祈願、成人奉告など

乃木神社社務所の地図

栃木県那須塩原市石林795

乃木神社社務所の詳しい情報です!

◆神社の由緒
明治天皇御大葬の大正元年9月13日、乃木将軍御夫妻は殉死を以って聖恩にむくいるというかたちを示されました。御夫妻の葬儀にあたり、時の大田原神社宮司手塚元氣が斎主となり、別邸中庭に於て遥拝式が行われ、終了後、神社創立の声がおこり、地元石林の住民を中心にして、大正5年4月13日、神社が建立されました。

◆那須の地と乃木将軍
将軍夫妻は、余暇をみては那須野にて鋤鍬(すき・くわ)をとられました。特に明治25年・31年・34~37年の休職期間中は、この土地にて農耕に従事され、『農は国家の大本』として「農人」としての生活をされました。境内にある乃木将軍御遺邸は拝観する方が今も絶えません。

◆宝物館
那須野における御遺品を展示しています。質素な中にも品格のある調度。明治時代の生活が甦ります。
御夫妻の日用品を始め、乃木家親族の方々の寄贈による御遺品、崇敬者各位の寄贈、及び所蔵の品々が展示してあります。御使用の農具類は別邸納屋に展示してあります。
入館料:大人300円 高校生以下100円
開館:午前9時~午後4時まで(入館 午後3時30分まで)

◆乃木神社の樹林・乃木公園
乃木神社境内とその周辺からなる公園で、園内には乃木別邸(県指定史跡「乃木希典那須野旧宅」)、静沼、ノギカワモズク(町指定・天然記念物)が生息する乃木清水、乃木将軍が那須野に生まれる前からの自然のすがたをのこす乃木神社の樹林(町指定・天然記念物)があります。また、園内には四季を通じ野鳥の観察ができます。

◆年間祭事
 1月 1日(歳旦祭)
 2月 3日(節分)
 4月13日(鎮座祭)
 7月31日(大祓式)
 9月13日(例祭)
11月11日(御誕辰祭)
11月23日(新嘗祭)
 毎月 1日(月始祭)
 毎月13日(月次祭)

◆骨董市
境内では、毎月第1日曜日に骨董市が開催され多くのお客様で賑わいます。

◆花暦
境内は、四季を通じ、春は花、夏は緑こまやかに大樹の陰に涼風が吹き、秋は紅葉、冬は木々の雪化粧、折々のおもむきは、参拝者の清遊の地として、あまねくその名を知らしめています。


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

    • 川越八幡宮 埼玉県川越市南通町19−3 電話049-222-1396
    • ゑびす神社 京都府京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町125 電話075-525-0005
    • 星宮神社 栃木県下野市下古山1530 電話0285-53-1706

今日のお勧め記事 ⇒ 商売繁盛の神さま

全国には商売繁盛のご利益があるとされる神社が数多くありますが、一般的によく知られているのがお稲荷さまとえびすさまではないかと思います。 ここでは、お稲荷さまとえびすさまについて調べてみました。 お稲荷さまについて お稲荷さまをお祀りする神社は、京都の伏見稲荷大社を総本社として全国各地に約3万社あるといわれています。 お稲荷さまは「稲が生る」ということと、お祀りされている「宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)」が穀物の神さまであることから稲を司る五穀豊穣の神さまとして信仰されて

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。