トップ 神社ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




神社ナビ埼玉県 > 秋葉神社

秋葉神社

秋葉神社

家内安全(火防・盗難除・厄除)、事業繁栄は関東総社秋葉神社へ

【鎮座地】
埼玉県さいたま市西区大字中釘818番地
【御祭神と御由緒】
御祭神は『火之迦具土大神』と申し、記紀にも見える如くわれわれ人間の生命又生活上の根源である火の御神霊であります。

秋葉神社:DATA
所在地〒331-0077
埼玉県さいたま市西区大字中釘818
TEL048-624-6656
FAX048-816-6617
URL
お取り扱い業種神社
営業時間など09:00~17:00
駐車場有 
アクセス(最寄駅)
○埼京線・指扇駅徒歩約25分
(バス)
○東武バス平方線停留所・大宮~秋葉神社入口下車 徒歩10分
お役立ち情報毎年4月18日・12月18日春秋例大祭には崇敬信人の安泰を祈る祈願祭を行います。参拝の方々は、神符神饌を受け大神の篤き御守護を戴き身も心も洗い清めすがすがしい気分となり明日への英気を養い前途に霊光を戴き下山されるのが恒例となって居ります。

秋葉神社の地図

埼玉県さいたま市西区大字中釘818

秋葉神社の詳しい情報です!

【秋葉講】
御祭神又其の御神徳により、講社は関東一円に遍く組織されて居ります。
講社の人々は毎年全員にて、又は代参と称して毎年順番に参拝致され御神札を戴き、それぞれの郷にて
御篭りをし御加護を戴くならわしになって居ります。

【祭典】
<歳旦祭> 1月1日
新年を祝い崇敬信人が安泰を祈り、初日の光と共に御神徳のいよいよ輝きまさむことを寿ぎまつる
御祭です。

<祈年祭> 2月17日
「としごひ」のまつりとして年の五穀の豊作をお祈りする古式の祭です。

<合祀祭> 4月3日
明治末年近隣の21社を合祀現今の氏子区域を確立した記念すべき重要な祭です。

<春季例祭> 4月18日
氏子・講社並崇敬信人の安泰をお祈りする春の例祭で神社庁より献幣使参向され又関東各地より敬神の
方々群参されます。

<祇園祭> 7月15日
疫病の災・作物に対する病虫の寒防護をお祈りする祭で氏子中による魔祓の獅子舞による
各戸祓の神事が執行われます。

<新穀感謝祭> 11月23日
勤労の尊さをたたえ豊かな収穫の初穂を神にささげみのりを奉謝するお祭です。

<秋季例祭> 12月18日
過ぎし年間の安泰を奉謝し併せて新しき吉年を迎え得る様祈念するお祭で春季祭と共に崇敬の方々
登拝され社頭殷賑を極めます。

<月次祭> 1日・15日/18日
毎月執り行われます。

この他にも諸種の祭典が執り行われますが省略します。

火防 鞴祭 厄除 新宅祭 盗難除 地鎮祭 初宮詣 交通安全 家内安全 七五三詣 事業繁栄
地鎮祭 初宮詣 結婚式 商売繁盛 安全祈願 合格祈願 安産祈願 命名 厄除開運 お宮参り
上棟式 方位方災除 各種祈祷 自動車祓 月次祭 御神徳 元旦祭 人形供養 新宅祭 神棚祭
病気平癒祈願 各種出張祭典 人生儀礼 無病息災 歳旦祭 心願成就 宅神祭 井戸祓 祭礼 
新嘗祭 起工式 諸願成就 大祓式 祭儀 虫封じ 祈年祭 良縁祈願 慰霊祭 社頭祈願
除夜祭 竣功祭 健康祈願 新年祈願 学業成就祈願 魂祭 先祖供養 年忌祭 破魔矢 
新屋清祓 子授祈願 竣工落成式 勧学祭 還暦祈願 社運隆盛祈願 節分祭(豆まき) 
旅行安全祈祷 必勝祈願 開所・開店式 火入式 事務所開き 会社安全 心身健全 


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

    • 坪沼八幡神社 宮城県仙台市太白区坪沼字舘前東69 電話022-281-2589
    • 酒列磯前神社 茨城県ひたちなか市磯崎町4607−2 電話029-265-8220
    • 八坂神社 福岡県北九州市小倉北区城内2−2 電話093-561-0753

今日のお勧め記事 ⇒ 神社への参拝作法について

初詣や七五三・成人式などの人生儀礼、他にも何か願いを成就させたい時など、日本人ならば神社にお参りする機会というのは少なからずあるのではないでしょうか。 気持ちを込めてお参りするのが一番ですが、折角ですから正式な参拝の作法を知っておいてはいかがでしょう。 参拝の作法 神社へ参拝に訪れる際にまず鳥居をくぐるのがほとんどだと思いますが、鳥居から先は神様の神域になるので「お邪魔します」という挨拶の意味で一礼するのが作法となっています。 これは他人の家を訪問する場合に挨拶するのと同じ

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。