トップ 神社ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




神社ナビ神奈川県 > 五社稲荷神社

五社稲荷神社

五社稲荷神社

初宮詣、七五三、厄除、諸祈願、地鎮祭等

神社を創建した岩瀬与一郎は佐竹氏の家来であり、頼朝の敵であったが、佐竹氏滅亡後は武勇を認められ御家人となり当地を治めた。社名は御祭神が5柱であることからきている。初宮詣、厄除け、交通安全、七五三、進学祈願、家内安全等の神前祈祷。地鎮祭、竣工式、清祓、神葬祭、安全祈願祭等、随時承ります。

五社稲荷神社:DATA
所在地〒247-0051
神奈川県鎌倉市岩瀬1399
TEL0467-47-4798
FAX0467-47-4798
URL
お取り扱い業種神社
営業時間など
駐車場有 
アクセス(最寄駅)
○JR線・大船駅東口ロータリーよりバス
○JR線・本郷台駅
(バス)
○鎌倉女子大停留所・徒歩2分
お役立ち情報○出張祭典
 地鎮祭、竣工式、清祓、神葬祭、安全祈願祭等
 面倒な準備、全て当方で承ります。

五社稲荷神社の地図

神奈川県鎌倉市岩瀬1399

五社稲荷神社の詳しい情報です!

≪五社稲荷神社≫

■いわれ
 建久年間(1190~1198)源頼朝が常陸国の佐竹氏を滅ぼしたとき
 捕らえられた何人かの家来のうち「佐竹氏は源氏の一族なのに、なぜ
 滅ぼすのか。私は抗議するためにわざと捕まった」といった武士がいた。
 頼朝はその武士の勇気と忠誠心に感動し、岩瀬与一太郎と名乗らせ、
 御家人の列に加えて当地を治めさせたという。
 当社は岩瀬与一太郎の創建である。
 『新編相模風土記稿』には、鶴岡八幡宮職掌坂井越後が神職を兼ねた
 と記されている。
 天明2年(1782)天明の大飢饉を乗り切るため敢えて社殿を再建した
 ことが棟札によりわかる。

■祭神
 倉稲魂神(うがのみたまのかみ)/保食神(うけもちのかみ)…米を根源として食を司る神々
 大己貴神(おおなむちのかみ)…大国主神の別名、国造大神である
 大田田根子命(おおたたねこのみこと)…崇神天皇の御代、疾病流行時これを鎮めた。病を祓う神
 大宮能売命(おおみやのめのみこと)…神と人の間の平和を取り持つ神

■行事
 1月1日…歳旦祭
 1月10日~15日の休日…どんと焼き
 2月1日…祈年祭
 8月最終土日曜日…例大祭
 11月15日前の日曜日…新嘗祭
 12月31日…大祓

■ご案内
○神前祈祷
 初宮詣、厄除け、交通安全、七五三、進学祈願、家内安全等
○出張祭典
 地鎮祭、竣工式、清祓、神葬祭、安全祈願祭等
 面倒な準備、全て当方で承ります。
 随時承っております。お問い合わせください。
○安産・子育て永代守(鎌倉彫奉製)
 親から子へ子から孫へ

■まつり
○1月10日~15日の休日どんと焼き
○8月の例祭日には、神輿渡御、子供の山車が出るほか、
 鎌倉神楽の奉納もあり、おまつり広場では模擬店、演芸、
 チロリン劇団の人形劇・映画などが興行されます。


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

    • 九重神社 埼玉県川口市大字安行原2042 電話048-298-1199
    • 加藤洗工店 愛知県名古屋市中区大須3丁目40−27 電話052-241-1200
    • 八津御嶽神社 山梨県中央市山之神3623−7 電話055-274-5100

今日のお勧め記事 ⇒ 神社での結婚式について

結婚というものは、人生において大きな節目となるものです。 そして、結婚する二人がお互いにこの先の人生をともに過ごすことを誓い合う儀式が結婚式です。 結婚式には教会式、神前式、仏前式、人前式などさまざまなスタイルがありますが、ここでは神社などで行われる神前結婚式について見ていきたいと思います。 神前結婚式の歴史 神社で執り行われる神前結婚式。 伝統的な婚礼衣装に身を包み、神前で行われる儀式は厳かで神聖なものです。 神前結婚式は日本の伝統的な挙式と認識している方が多いようですが

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。