トップ 神社ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




神社ナビ東京都 > 千住神社

千住神社

千住神社

悠久1100年のご神徳

千住(千寿)に集落が形成され始めた、延長4年(926年)に土地鎮護・五穀豊穣を祈り、稲荷神社を創立。弘安2年(1279年)同所に氷川神社を建立し、明治6年6月同社を合祀。西森神社と改め、同年7月、足立区唯一の郷社と定められた。更に大正4年12月、御社号を千住神社と改めた。

千住神社:DATA
所在地〒120-0043
東京都足立区千住宮元町24-1
TEL03-3881-1768
FAX03-3881-7123
URL
お取り扱い業種神社
営業時間など
駐車場有 
神社境内
アクセス(最寄駅)
○JR北千住駅西口・徒歩15分
○私鉄京成線・千住大橋駅徒歩12分
(バス)
○足立循環バス「はるかぜ」・千住神社前停留所
お役立ち情報当社には“千寿七福神”の恵比寿さまが祀られています。
「心願成就」の御利益があり、絵馬に願意を書き、ご神体を廻し、白いハンカチで願い事の部位(恵比寿さまのご神体)を3回なでると、御利益を得られると言われております。

千住神社の地図

東京都足立区千住宮元町24-1

千住神社の詳しい情報です!

お宮参り、七五三、車祓、厄除け、地鎮祭、新築清祓、家内安全、商売繁盛等、
各種ご祈願をお受け致します。社務所にお問い合わせ下さい。
また、足立区伊興・舎人・入谷・古干谷地域にお住まいの方々がお祓いを受ける場合、
正式な神社は当社となります。

<神社由緒>
926年の御鎮座より、永承6年(1051年)源義家は、奥州征伐の際、
荒川(現千住大橋付近)を渡り、二ツ森(現千住神社)に陣営し、
神前に戦勝を祈願したと古記録に記載されている。
また、鎌倉時代より江戸時代には、ここを二ツ森と言っており、代々の将軍が
二ツ森で鷹狩りを行ったという記事が『旧考録』に記載されている。
千住が日光街道第一宿となり、当社はその西方にあることから、西の森とも言われた。
明治7年6月2日、明治天皇 奥州巡幸の途、千住にて御休息の際、西森神社
(現千住神社)の井戸水(現在 枯井戸)を御飲水されたと『足立区史』に記載されている。

<例 祭>
毎年9月第2週土・日曜が例祭日となっております。
江戸末期(文久3年)製作、千住神社一ノ宮神輿の渡御は、5年に1度の大祭のみです。

<建造物>
富士山 毎年7月1日のみ登山参拝ができます。
芭蕉句碑 「ものいへば 唇寒し 秋の風」


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

    • 川越八幡宮 埼玉県川越市南通町19−3 電話049-222-1396
    • ゑびす神社 京都府京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町125 電話075-525-0005
    • 星宮神社 栃木県下野市下古山1530 電話0285-53-1706

今日のお勧め記事 ⇒ 厄年と厄除け

日本には男性女性ともに厄年と呼ばれる年齢があり、その年齢を迎えると神社などで厄払いをしてもらう慣習があります。 この「厄年」とはどのようなものなのか、厄年とされる年齢にはどのような意味があるのか考えてみましょう。 「厄年」といわれる年齢 厄年の年齢は男性と女性で違います。 男性は25歳・42歳・61歳で、女性は19歳・33歳・37歳です。 この厄年は一般的には数え年の年回りで、前後の年齢は「前厄」「後厄」といいます。 その中で男性の42歳は「死に」、女性の33歳は「散々」と

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。