トップ 神社ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




神社ナビ宮城県 > 東照宮社務所

東照宮社務所

東照宮社務所

伊達文化の粋、杜の都を見守り続けて350年。

【国指定重要文化財】
■諸祈願、出張祭■
 家内安全・社内安全・厄祓・交通安全
 初宮詣・地鎮祭・上棟祭・新宅祭
 毎日受付致しております。

東照宮社務所:DATA
所在地〒981-0908
宮城県仙台市青葉区東照宮1丁目6-1
TEL022-234-3247
FAX022-272-9852
URLhttp://www.sendai-toshogu.or.jp
お取り扱い業種神社
営業時間など08:00~17:00 年中無休
駐車場120台 
アクセス(最寄駅)
○JR仙山線・東照宮駅徒歩3分
○JR線・仙台駅車で10分
(バス)
○東照宮1丁目停留所・徒歩1分
(車)
○宮町商店街から2分
(その他)
境内駐車場有り(収容台数120台)
お役立ち情報◎文化財のご案内
※国指定重要文化財
 本殿(附厨子一基、棟札一枚)、唐門、透塀、随身門(附左右袖塀)、石鳥居(附石灯籠三十四基)
※県指定有形文化財
 手水舎(附花崗岩造水盤)
※仙台市登録有形文化財
 石段(表参道四十九段、東参道十七段)
※仙台市登録無形民俗文化財
 東照宮神楽(春祭奉納)

東照宮社務所の地図

宮城県仙台市青葉区東照宮1丁目6-1

東照宮社務所の詳しい情報です!

〓国指定重要文化財〓

■仙台東照宮由来■
 仙台市の東北に位置し、遠く蒼海を望む風光明媚な場所です。

 天正19年(1591)徳川家康公が、葛西大崎一揆の視察を終えて帰途のおり、
 当時天神社の境内だったこの場所で休息された故事により、鎮座地に選ばれたといいます。

 二代藩主伊達忠宗公は、東照大権現を伊達家の守護神としてお祀りするため、
 慶安二年(1649)5月に、東照宮造営を三代将軍徳川家光公に願い出て許しを得、
 同年8月に普請始を行い、本殿・唐門・透塀・幣拝殿・本地堂・御供所・御厩・鐘楼・
 隨身門・石鳥居・別当寺仙岳院・御旅宮等が完成したのは、着工以来5年後のことです。

 一流の工匠達を起用し、当時としては大変珍しい七宝金具を採用する等、
 仙台藩総力を挙げての大事業であり、伊達文化の粋を結集したものでありました。

■諸祈願、出張祭■
 家内安全・社内安全・厄祓・交通安全・初宮詣・地鎮祭・上棟祭・新宅祭
 毎日受付致しております。

【重要文化財の紹介】
◎花崗岩造りの美しい石鳥居(国・重要文化財)
 伊達忠宗公の奉納によるもので、笠石の反りの緩やかな明神鳥居形式の美しい形の鳥居です。

◎唐様、和様折衷の重厚な随身門(国・重要文化財)
 三間一戸の楼門形式で、屋根は入母屋造銅板葺きになっています。
 内外部とも透漆塗りで、下階は金剛柵で囲み、左右に随身像を安置しています。
 各所に唐様、和様の手法をとりいれた重厚な門です。

◎堅実・精巧・華麗なる本殿(国・重要文化財)
 本殿は、御神体をお祀りする、社殿の中でも最も重要な建造物で、
 内部は内陣と外陣にわかれています。
 各所に精巧な鍍金金具を付け、御厨子の金梨地の蒔絵や扉の七宝金具等、
 工芸の枠を結集した極めて華麗な建造物です。

◎華やかにして落ち着いた唐門と透塀(国・重要文化財)
 唐門は一間一戸、向唐門形式で銅瓦葺きになっています。

【年間行事一覧表】
 ◆1月1日 歳旦祭
 ◆1月14日 どんと祭
 ◆2月3日 節分祭、撒豆式
 ◆2月17日 祈年祭
 ◆4月16日 宵祭
 ◆4月17日 例祭
 ◆4月第3土・日曜日 春祭、神楽奉納
 ◆6月30日 夏越の大祓式
 ◆10月~11月 七五三祝祭
 ◆11月23日 新嘗祭
 ◆12月31日 年越の大祓式

 ◇毎月1日、17日 月次祭
 ◇毎月第4日曜日 骨董市


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

    • 弓弦羽神社 兵庫県神戸市東灘区御影郡家2丁目9−27 電話078-851-2800
    • 高麗神社 埼玉県日高市大字新堀833 電話042-989-1403
    • 坂井神社 新潟県新潟市西区坂井砂山1丁目1−1 電話025-269-2111

今日のお勧め記事 ⇒ 厄年と厄除け

日本には男性女性ともに厄年と呼ばれる年齢があり、その年齢を迎えると神社などで厄払いをしてもらう慣習があります。 この「厄年」とはどのようなものなのか、厄年とされる年齢にはどのような意味があるのか考えてみましょう。 「厄年」といわれる年齢 厄年の年齢は男性と女性で違います。 男性は25歳・42歳・61歳で、女性は19歳・33歳・37歳です。 この厄年は一般的には数え年の年回りで、前後の年齢は「前厄」「後厄」といいます。 その中で男性の42歳は「死に」、女性の33歳は「散々」と

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。