トップ 神社ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




神社ナビ北海道 > 札幌八幡宮

札幌八幡宮

札幌八幡宮

学問の神様●人形供養●テレホン講話/011-377-1874

札幌八幡宮は昭和52年6月、先代菊池重武大教正長老によって建立されました。
その歴史は初代菊池伊知女から350年余りにわたります。

『御祭神 五柱』
一、八幡大神/国家・家庭の守護神
二、天満大神/学問・出世の神
三、秋葉大権現/五穀豊穣
四、梅の宮大神/安産の神
五、金刀比羅大神/商売繁昌。福徳円満の神

札幌八幡宮:DATA
所在地〒061-1268
北海道北広島市輪厚中央5丁目3-16
TEL0120-832154
FAX011-377-4198
URLhttp://hachimangu.com/
お取り扱い業種神社
営業時間など年中無休、24時間営業
駐車場有 
アクセス(バス)
○中央バス 輪厚(札幌八幡宮前)停留所・徒歩1分
(その他)
■国道36号線沿・輪厚駐在所隣
■輪厚ゴルフ場より千歳側300メートル手前
お役立ち情報■社頭祈祷■
◎車祓 ◎厄祓 ◎七五三 ◎家内安全
◎初宮詣 ◎合格祈願 ◎病気祓 ◎神棚御霊入
◎商売繁盛 ◎新年祓 ◎神前結婚式

■様々な災難から身を守る為の御守・御神符を各種ご用意しております。
この度、遠方にお住まいの方や御来社の困難な方の声を受け、オンラインショッピングでの授与を受け付けることに致しました。

御守・御神符は、お届けする前に当神社御本殿にて祈願を厳修してから送付させていただきます。

札幌八幡宮の地図

北海道北広島市輪厚中央5丁目3-16

札幌八幡宮の詳しい情報です!

札幌八幡宮は昭和52年6月、先代菊池重武大教正長老によって建立されました。

菊池家は代々神職の家系で、その歴史は初代菊池伊知女から350年余りにわたります。

菊池伊知女は函館八幡宮に奉職、その後宮司となり、11代菊池出雲守重賢の代まで続きましたが、明治維新後、札幌神社(現北海道神宮)2代宮司となりました。

明治新政府は、「王政復古・祭政一致」の方針により、仏教や諸派神道を統一する方向を打ち出し、これによって神道は、神社庁と当時13派あった諸派を統合した派と二つに整理され、このため神職は世襲を認められず、各地に赴任させられるようになりました。そこで、明治15年神社庁の神道を離れ、札幌市中央区南5西4(現・ロビンソンデパート近く)に金刀比羅教会を創立し、よりどころとしたのです。

ところが、金刀比羅教会の土地は借地だったため、13代目の重雄の時代に転居を余儀なくされ、14代目の重武が北広島市輪厚に、札幌八幡宮を建立しました。

現在は、菊池重敏が2代目宮司として奉職しています。

■『御祭神 五柱』
一、八幡大神(はちまんおおかみ)
 国家・家庭の守護神。文化・開運の神。武道・勝負の神。

  八幡大神は、慶安年中菊池伊知女が函館八幡宮に奉職以来三百五十余年、菊池家神職十六代に亘り
  御祭祀されている。

二、天満大神(てんまんおおかみ)
 [菅原道真公(すがわらみちざねこう)]学問・出世の神。

  天満大神は、文化二年(1805年)七代宮司菊池重仲が北海道の文化の普及と学問の向上を願って、京都
  北野天満宮より御分霊を賜はった。御神体は全国で三体、道内では唯一の御神立像。

三、秋葉大権現(あきばだいごんげん)
 五穀豊穣(ごこくほうじょう)・万民豊楽の守護神、子孫繁栄・家庭、平和の神。火難除の神。

  秋葉大権現は、文久二年(1862年)神祗官より天下泰平、五穀豊穣、万民豊楽を願って菊池家に鎮祭の
  使命を授けられた。

四、梅の宮大神(うめのみやおおかみ)
 安産の神。

  梅の宮大神は、文久年間より安産の神として御祭祀されている。

五、金刀比羅大神(ことひらおおかみ)
 商売繁昌。福徳円満の神。

  金刀比羅大神は、明治二年函館漁民二千人の嘆願により、十一代宮司菊池重賢が、四国金刀比羅宮
  より御分霊を賜はった。

■フリーフォン 0120-832154
(発信先地域:道内のみ)


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

    • 九重神社 埼玉県川口市大字安行原2042 電話048-298-1199
    • 加藤洗工店 愛知県名古屋市中区大須3丁目40−27 電話052-241-1200
    • 八津御嶽神社 山梨県中央市山之神3623−7 電話055-274-5100

今日のお勧め記事 ⇒ 神社とおみくじ

神社に限らず寺院などでもおみくじを置いているところは数多くあります。 おみくじといえば、「大吉」を引いて明るい気持ちになったり「凶」を引いて落ち込んだりした経験はありませんか?このおみくじとはどのようなものなのでしょうか。 おみくじと占い 現在ある「おみくじ」は、引く人の運勢や吉凶を占うものが多く用いられています。 一般的によく見られるのは、大吉・中吉・小吉・凶などの吉凶判断と金運や恋愛運などさまざまな生活に係る内容の指針が記されているものです。 神社によっては吉凶にはまっ

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。