トップ 神社ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




神社ナビ神社のいろは > 神社の鳥居について

神社の鳥居について

神社の鳥居についての画像

神社にお参りに行くと私たちは必ず鳥居をくぐって参道を進みます。
地図記号では鳥居が神社を表わしているように、鳥居といえば神社を連想させるほど一般的です。
では、この鳥居がどのようなものなのかについてみなさんはどれぐらい知っているでしょう。


鳥居の意味

鳥居は神社の外と内との境に建てることで、鳥居の先が神さまのお鎮まりになる聖域であることを表わしています。
ときどき山の中腹などにお社がないのに鳥居だけが建っているのを見ることがあります。
これは、山など自然物そのものがご神体としてお祀りされているか、神さまの依代として崇められていることを示すために建てられています。
その起源は諸説ありはっきりとはしないようですが、天照大神が天の岩戸にお隠れになった際に出てきていいただこうと鳴かせた鳥が止まった横木を鳥居の始まりとする説などがあります。
またその語源にも「通り入る」や「鳥が居る」などの言葉が変化して「鳥居」になったといわれています。
余談ですが神社の象徴ともいえる鳥居ですが、天皇の御陵や寺院に建てられていることもあります。

鳥居の種類

ひとことで鳥居といっても、材質や形など鳥居もさまざまで神社によって違いがあります。
その種類ははっきりしているわけではありませんが、60種類以上ともいわれています。
鳥居の形で代表的なのは神明(しんめい)鳥居と、明神(みょうじん)鳥居があります。
まず、神明鳥居は鳥居の上部の横柱がまっすぐになっているのが特徴で、明神鳥居はこの横柱の両端が剃り上がっているのが特徴です。
他にも稲荷神社に代表される朱塗りの稲荷鳥居など特徴的な鳥居もあります。
どのような鳥居であっても、そこをくぐると外とは違う神聖な気持ちになれるような気がしませんか。


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

    • 坪沼八幡神社 宮城県仙台市太白区坪沼字舘前東69 電話022-281-2589
    • 酒列磯前神社 茨城県ひたちなか市磯崎町4607−2 電話029-265-8220
    • 八坂神社 福岡県北九州市小倉北区城内2−2 電話093-561-0753

今日のお勧め記事 ⇒ 七五三について

毎年11月のころになると、晴れ着を身にまとった子供たちが両親や祖父母に手を引かれ、神社に七五三詣でする姿を目にします。 その可愛らしい子どもたちの姿はとても微笑ましいものです。 この七五三のお祝いにはどのような意味が込められているのでしょうか。 七五三の起源 七五三は、三才・五才・七才を子どもの成長の節目としてお祝いする行事です。 元々は江戸時代の武家のあいだで子どもを社会の一員として迎える意味で行われていたようです。 三才のお祝いは「髪置(かみおき)」といい、男の子・女の

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。