トップ 神社ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




神社ナビ神社のいろは > 神社の縁起物2(破魔矢について)

神社の縁起物2(破魔矢について)

神社の縁起物2(破魔矢について)の画像

お正月に初詣などで神社に参拝に行くと、お守りなどと一緒に破魔矢を授与しているのを見たことがある方もいるでしょう。
破魔矢は扱っていないという神社もありますが、お正月の期間に縁起物として授与されるものです。


破魔矢の意味

破魔矢はまさに名前の通り魔を破り、厄を祓うという意味を持っています。
「はま」とは元々競技に用いられる的のことを指しており、この的を射る矢のことを「はま矢」、弓のことを「はま弓」といいます。
そして、「はま」が「破魔」に通じるということで、お正月になると男の子のいる家に弓矢を組み合わせたものを贈るという風習が生まれたということです。
ちなみに女の子のいる家には羽子板が贈られました。
また、家屋などの上棟祭の際に鬼門の方角にあたる東北と、裏鬼門にあたる西南の方向に向けて弓矢を設けることもあります。
これもまた魔除けの意味が込められています。
本来は破魔弓と破魔矢とで一式になりますが、現在の多くは簡略化されて破魔矢のみがお正月に授与されるようなったようです。
神社で授与される破魔矢には、その年の干支が描かれた小さな絵馬やお守りが付けられているものなどさまざまなようです。

破魔矢の飾り方

では、破魔矢の飾り方についてですが、ご家庭で神棚をおまつりしている場合は神棚の端のほうに立てかけるか置いていただければよいでしょう。
神棚のないご家庭であれば、床の間などの清浄な場所を選んで飾っていただけば問題はありません。
よく破魔矢を飾る向きについてのご質問がありますが、上棟祭の場合のように特に決まった方角などはないようです。
基本的に破魔矢は縁起ものですから、お神札とは違ってお参りの対象ではないので粗末に扱わないでいただければ問題ないと思われます。


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

    • 須磨の天神さま 兵庫県神戸市須磨区天神町2丁目1−11 電話078-734-0640
    • 藏前神社 東京都台東区蔵前3丁目14−11 電話03-3851-0617
    • 吉田神社 京都府京都市左京区吉田神楽岡町30 電話075-771-3788

今日のお勧め記事 ⇒ 玉串について

神社でご祈祷を受けたことがある人なら経験があると思いますが、神道ではご神前に玉串を奉って拝礼する儀式があります。 あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、この玉串は神社での祭事や参拝において、欠かせないものといえます。 玉串とは 玉串(たまぐし)とは、榊の枝に紙垂(しで)を付けたもので神社のご神殿において拝礼する際に神さまに捧げるものです。 神さまにお供えするということでお米やお神酒などのご神饌と同じような意味を持つと考えられますが、祭事の中で手にとり気持ちを込めてお供えする

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。