トップ 神社ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




神社ナビ神社のいろは > 神社と縁起物1(絵馬について)

神社と縁起物1(絵馬について)

神社と縁起物1(絵馬について)の画像

神社の境内のご神木には、お願いごとの書かれたたくさんの絵馬がかけられているのを見かけます。
受験前など、合格祈願に絵馬を奉納したなどという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。
合格祈願だけでなく書かれている願い事はさまざまですが、絵馬に願い事を書くのはどうしてなのでしょう。


絵馬の始まり

時は奈良時代に遡りますが、当時馬は神様の乗り物であるという信仰があり、生きた馬を神社に奉納していました。
しかし、馬といえば高価なものなのでそう簡単に奉納することができないこと、また奉納された側にとっても世話が大変だったということなどの経緯もあり、次第に木や土で作った馬の像を奉納するようになったようです。
そして更に簡略されたのが木の板に馬の絵を描いた絵馬です。
今でも絵馬といえば馬の絵が描かれているのが一般的ですが、時代の流れや人々の願いの変化に合わせてか馬以外の絵が描かれているものも多くみられるようになりました。
絵の内容は干支や祭礼の模様、神社に深い縁のあるものなどさまざまです。

馬と神さま

初めにも触れましたが、かつて馬は神様の乗り物として神社に奉納されてきました。
そして神社に奉納された馬は神馬(しんめ)と呼ばれ、祭事において大きな役割を担っていたようです。
古い歴史を持つ神社には、現在は馬がいないのに昔の神馬の風習の名残で「神馬舎」「神厩舎」が残っているところもあります。
では、神馬の風習がまったくなくなってしまったかというとそうではなく、現在も神馬を飼っている神社は残っています。
また、祭事において馬が登場するという神社などでは、登場する馬を一時的に神馬と呼ぶ場合もいます。
この形は神馬の馬舎を模ったものであるという説もあります。


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

    • 坪沼八幡神社 宮城県仙台市太白区坪沼字舘前東69 電話022-281-2589
    • 酒列磯前神社 茨城県ひたちなか市磯崎町4607−2 電話029-265-8220
    • 八坂神社 福岡県北九州市小倉北区城内2−2 電話093-561-0753

今日のお勧め記事 ⇒ 神社への参拝作法について

初詣や七五三・成人式などの人生儀礼、他にも何か願いを成就させたい時など、日本人ならば神社にお参りする機会というのは少なからずあるのではないでしょうか。 気持ちを込めてお参りするのが一番ですが、折角ですから正式な参拝の作法を知っておいてはいかがでしょう。 参拝の作法 神社へ参拝に訪れる際にまず鳥居をくぐるのがほとんどだと思いますが、鳥居から先は神様の神域になるので「お邪魔します」という挨拶の意味で一礼するのが作法となっています。 これは他人の家を訪問する場合に挨拶するのと同じ

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。