トップ 神社ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




神社ナビ神社と冠婚葬祭 > 神社での結婚式について

神社での結婚式について

神社での結婚式についての画像

結婚というものは、人生において大きな節目となるものです。
そして、結婚する二人がお互いにこの先の人生をともに過ごすことを誓い合う儀式が結婚式です。
結婚式には教会式、神前式、仏前式、人前式などさまざまなスタイルがありますが、ここでは神社などで行われる神前結婚式について見ていきたいと思います。


神前結婚式の歴史

神社で執り行われる神前結婚式。
伝統的な婚礼衣装に身を包み、神前で行われる儀式は厳かで神聖なものです。
神前結婚式は日本の伝統的な挙式と認識している方が多いようですが、実はその歴史は浅く明治時代になってから始まりました。
それ以前は家庭で行う挙式がほとんどで、現在のような挙式・披露宴というものはなかったようです。
今のような神前結婚式が行われたのは、明治33年に当時の皇太子殿下(大正天皇)のご成婚が始まりでした。
皇居内のご神前(賢所)で行われたご成婚の慶事は、当時の人々の関心を集めました。
そして、神前結婚式を希望する人が増えていったようです。
神前結婚式が実際に行われるようになった歴史は短いものですが、それ以前から行われていた挙式のしきたりには神道の影響が大きかったことが伺えることから、日本の伝統的スタイルであると捉えてもよいかもしれません。

神前結婚式の流れ

神前結婚式は、結婚とは家と家とを結びつけるものであるという考え方に基づき、両家の縁結びをするものです。
神社によって多少の違いはありますが、基本的な式の流れを紹介します。
まずは式場への参入です。
神職の先導で新郎新婦、媒酌人夫妻(いない場合もあります)。
、親族の順にご神前へと進みます。
席に着いたところでお清めのお祓いがあります(修祓・しゅばつ)。
次に神様に結婚を奉告する祝詞奏上(のりとそうじょう)です。
祝詞奏上が終わると三献(さんこん)の儀、いわゆる三三九度で新郎新婦がご神酒をいただきます。
そして新郎新婦が誓いの言葉を読み上げる誓詞奏上(せいしそうじょう)。
指輪がある場合はここで指輪交換になります。
次に新郎新婦がご神前に玉串を奉ります(玉串奉奠・たまぐしほうてん)。
最後にお互いの親族を結びつける意味でご神酒をいただく親族杯があり退場となります。
細かな作法については式の前などに神職による説明があるので心配することはありません。


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

    • 坪沼八幡神社 宮城県仙台市太白区坪沼字舘前東69 電話022-281-2589
    • 酒列磯前神社 茨城県ひたちなか市磯崎町4607−2 電話029-265-8220
    • 八坂神社 福岡県北九州市小倉北区城内2−2 電話093-561-0753

今日のお勧め記事 ⇒ 神社への参拝作法について

初詣や七五三・成人式などの人生儀礼、他にも何か願いを成就させたい時など、日本人ならば神社にお参りする機会というのは少なからずあるのではないでしょうか。 気持ちを込めてお参りするのが一番ですが、折角ですから正式な参拝の作法を知っておいてはいかがでしょう。 参拝の作法 神社へ参拝に訪れる際にまず鳥居をくぐるのがほとんどだと思いますが、鳥居から先は神様の神域になるので「お邪魔します」という挨拶の意味で一礼するのが作法となっています。 これは他人の家を訪問する場合に挨拶するのと同じ

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。