トップ 神社ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




神社ナビ神社と冠婚葬祭 > 初宮参りについて

初宮参りについて

初宮参りについての画像

赤ちゃんの誕生というのは家族にとって大変喜ばしいことです。
誕生と同時にその子が元気に育ってくれることを願うのが親心です。
日本人は古くから子どもの成長を人生儀礼という形で神様にお祈りしてきました。
子どもの誕生を祝い、最初に神社にお参りするのが初宮参りです。


初宮参りのしきたり

初宮参りのことでよく聞かれるのは、まずいつ神社にお参りに行ったらいいのかということのようです。
地域によっては多少の違いが見られるようですが、一般的には男の子が生後31日目(または32日目)、女の子が33日目にお参りするのがよいといわれています。
お祝いする赤ちゃんには祝い着を着せて父方の祖母が抱っこしてお参りするのが習慣となっています。
このような古くからのしきたりにのっとってお参りされる方もいますが、最近では時代の変化もあってかこのような慣習にこだわらず、赤ちゃんの両親だけでお参りしたり、祝い着もドレスを着せたりとさまざまなようです。
初宮参りは氏神様に赤ちゃん誕生の報告と赤ちゃんの健康と無事な成長をお願いするものですから、お参りに出かける日にちについてもあくまでも目安と考え、赤ちゃんとお母さんの健康状態に十分に配慮をして決めるのがよいでしょう。

初宮参り以外の赤ちゃんのお祝い

赤ちゃんの誕生に際しては、初宮参り以外にもさまざまなお祝いの行事があります。
まず誕生から七日目に名前を付けるお七夜。
生後百日目に生まれた赤ちゃんが一生食べ物に困らないようにという願いを込めて、祝い膳のお料理を赤ちゃんに食べさせるまねをするお食い初め(歯固めともいう)。
1歳の誕生日をお祝いする初誕生。
お節句を生まれて初めて迎える初節句などです。
どの行事も赤ちゃんの健やかな成長を願って行われるお祝いです。


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

    • 御器所八幡宮 愛知県名古屋市昭和区御器所4丁目4−24 電話052-881-9512
    • 籠神社 京都府宮津市字大垣430 電話0772-27-0006
    • 北海道護國神社 北海道旭川市花咲町1丁目 電話0166-51-9191

今日のお勧め記事 ⇒ 神社での結婚式について

結婚というものは、人生において大きな節目となるものです。 そして、結婚する二人がお互いにこの先の人生をともに過ごすことを誓い合う儀式が結婚式です。 結婚式には教会式、神前式、仏前式、人前式などさまざまなスタイルがありますが、ここでは神社などで行われる神前結婚式について見ていきたいと思います。 神前結婚式の歴史 神社で執り行われる神前結婚式。 伝統的な婚礼衣装に身を包み、神前で行われる儀式は厳かで神聖なものです。 神前結婚式は日本の伝統的な挙式と認識している方が多いようですが

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。