トップ 神社ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




神社ナビ神社参拝の基本 > 神社と鈴との関係

神社と鈴との関係

神社と鈴との関係の画像

神社にお参りに行くと、お賽銭箱の上に鈴が下がっている光景を目にすることがあります。
鈴を思い切りガラガラと鳴らしてから手を合わせたという経験を持つ人は多いのではないでしょうか。
神社と鈴にはどのような関わりがあるのか見てみましょう。


神社と鈴

神社の鈴といえば、拝殿などに吊るされてある鈴がまず頭に浮かぶのではないでしょうか。
神社によっては拝殿に鈴を吊るしていないところもありますが、この鈴は本坪(ほんつぼ)鈴とも呼ばれ、鈴を鳴らすための紐は鈴緒(すずお)といいます。
神社でお参りする人が鈴を鳴らすようなったのは江戸時代後期になってからのようです。
しかし、それ以前より神社と鈴とは深い関わりを持っており、お参りする人が鳴らす鈴の他に巫女の神楽舞にも鈴が用いられています。
その歴史は定かではないようですが、古くは巫女が神憑りするために鈴を用いて神楽を舞ったのが始まりとも言われています。
また、神話の中にも鈴が登場しており、神様にとって鈴が重要な役割を持っていたことが垣間見られます。

鈴を鳴らす理由

それでは、神社で鈴を鳴らすのにはどのような理由があるのでしょう。
本来鈴の清らかな澄んだ音色には、悪いものを祓う力があると信じられてきました。
拝殿前に吊るされた鈴も、お参りする人が鳴らすことで祓い清めるという意味を持っています。
巫女による神楽舞も神憑りのためであったものが、現在は神様に奉納することでお慰めするという意味合いが強くなり、神楽舞の後で鈴振りを行うことで参拝者を祓い清めるとともに、神様のご加護をいただくという役割を果たしています。
それ以外でもお守りに小さな鈴がついていたり、干支を象った土鈴などには魔除けや厄除け、開運などの意味が込められているようです。


スポンサードリンク

神社ナビのおすすめ神社一覧はこちら。

    • 御器所八幡宮 愛知県名古屋市昭和区御器所4丁目4−24 電話052-881-9512
    • 籠神社 京都府宮津市字大垣430 電話0772-27-0006
    • 北海道護國神社 北海道旭川市花咲町1丁目 電話0166-51-9191

今日のお勧め記事 ⇒ 神社への参拝作法について

初詣や七五三・成人式などの人生儀礼、他にも何か願いを成就させたい時など、日本人ならば神社にお参りする機会というのは少なからずあるのではないでしょうか。 気持ちを込めてお参りするのが一番ですが、折角ですから正式な参拝の作法を知っておいてはいかがでしょう。 参拝の作法 神社へ参拝に訪れる際にまず鳥居をくぐるのがほとんどだと思いますが、鳥居から先は神様の神域になるので「お邪魔します」という挨拶の意味で一礼するのが作法となっています。 これは他人の家を訪問する場合に挨拶するのと同じ

神社ナビについて

当サイトに掲載されている神社情報などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。